出会い系

出会いひろば

出会いひろば

評価100%100%

今一番人気のある無料出会い系サイト!出会い探しに役立つ機能が満載なので理想の出会いを見つけることが可能です。

出会いひろばの詳細はコチラ▶

らぶらぶメール

らぶらぶメール

評価90%90%

タイプ別で出会いを探せる無料出会い系サイトです。好みのタイプを選択するだけですぐに希望の出会いが見つかります。

らぶらぶメールの詳細はコチラ▶

SWEET LINE

SWEET LINE

評価80%80%

気軽に出会い探しができる無料出会い系サイト!フリメで登録できるので迷惑メールの心配がありません。

SWEET LINEの詳細はコチラ▶

パラレル

パラレル

評価80%80%

雑誌で紹介され人気上昇中の無料出会い系サイト!気に入った人がいたら直接メッセージを送れます。

パラレルの詳細はコチラ▶

FirstMail

FirstMail

評価80%80%

初めて利用する方でも使いやすい無料出会い系サイトです。サポート体制もしっかりしているので安心です。

FirstMailの詳細はコチラ▶

安心して使うために

安心して使う
男女交際コミュニティサイトの出会い系の運営費用はどれほどかかるのだろうか。
独自ドメインを申請しなければならないしレンタルサーバーも必要だ。
サイトのシステム構築もしなければならないし、実際に運営するスタッフの費用も考えなければならない。
このように算出してみると相当なコストがかかっているのが分かる。
にもかかわらず「無料」の出会い系サイトはどのようにしてユーザーは「無料」で使えているのだろう。
「コストがかかっているにもかかわらずタダで使えるのは怪しい!」とは考えないだろうか。
安心して使うためには、どのようなカラクリでタダで使えるのか、その運営方法を知らなければならない。
ここでは、「完全無料」の出会い系サイトがどのように利益を生み出しているのかを解説しよう。
「完全無料」の出会い系サイトの運営会社は利益を出さなければつぶれてしまう。
利潤を追求しないならば、単なるボランティア団体にすぎない。
けれども普通はユーザーから利用料をとるが、「完全無料」の出会い系サイトはゼロ円でユーザーからの入金額は一切ないのだ。
これが常識はずれなので「おかしい」となる所以だ。
利用経験がある人はご承知だろうが、多くのバナー広告が張り巡らされている。
また宣伝広告メールが配信されてくるのだ。
こういった宣伝広告料が利益のもとになり運営できているというわけだ。
掲載されているスポンサーは商品を購入してもらったりサービスに登録してもらうことでペイしているのである。

出会いの確率をアップする

確率をアップ

男女交際コミュニティサイトの無料出会い系で異性を見つけたいならば、複数のサイトに登録して掛け持ちで利用すると効率が良いだろう。
コストのリスクがゼロであるからこそ利用できる戦術で、出会いの確率をアップすることも期待できる。
女性は複数のサイトに登録してまで敢えて男性との出会いを探そうとはしないだろう。
けれども男性的な発想から言えば、掛け持ち利用は当たり前なのかもしれない。
女性の場合は、そこまでの執着心がないのだろう。
具体的に説明するために出会い系を利用してる女性の人数を100人と考えみよう。
5つのサイトに区分すると20人ずつがそれぞれのサイトを利用することになる。
男性が1つのサイトにしか登録していない場合、ターゲットは20名になる。
けれども2つのサイトを掛け持ちすれば40名と知り合える可能性がでてくる。
5つのサイトならば100人になるわけだ。
女性の人数が多くなればなるほど理想の女性が見つかる可能性もでてくる。
また返事をしてくれる女性の確率もアップするだろう。
この例はあくまでも単純計算した場合の話しだ。
女性でも掛け持ちしてサイトを利用する場合もあるだろう。
けれども確実に知り合いになれるかもしれない対象の女性の人数は多くなるのは間違いない。
出会いの確率をアップするには複数サイトの利用がマストかもしれない。

無料で出会い活動ができる

出会い活動

男女交際コミュニティサイトの無料出会い系を利用するメリットについて考えてみたい。
これまで出会い系サイトとはご縁がなかった人たちもいると思う。
あらためて「良い部分はどこなのか?」を見直して参考にしていただきたい。
<無料で出会い活動ができること>これが最大のメリットであるのは異論はないだろう。
登録費用も利用料も「無料」だ。
プロフィール作成・プロフィール閲覧・プロフィール更新もタダでできる。
何度メールのやり取りをしても課金されることはない。
「ポイント課金制」の出会い系サイトの場合は、メールのやり取り・プロフィールの閲覧だけでもポイントが要求される。
この費用はサイトを利用する費用であって、出会いを約束する費用ではないのだ。
ポイントをたくさん消費しても会える保証などない。
成功しても失敗しても必要になってくる経費だ。
お金を支払っているのだから出会えて当然――そんな考え方をしている人に限ってお金だけ取られてしまって出会えない傾向になる。
またサクラに根こそぎやられてしまって損をする事例も決して少なくない。
このように考えると無料Webサイトのデメリットはあるがリスクは少ないことがわからはず。
「完全無料」の出会い系サイトにもサクラがいるが極端に数は少ない。
無料Webサイトでサクラを雇っても顧客から課金できないから無意味だからだ。
出没するサクラは、「有料」出会い系サイトに誘導しようとするサクラだから、いくらなんでもそういった不自然な行動に騙されることはないだろう。

魅力的なコンテンツがあるかどうか

魅力的なコンテンツ

男女交際コミュニティサイトの代表格である出会い系は利益の一部を宣伝広告として利用している。
女性ユーザーを獲得するために、ファッション雑誌やレディコミに広告を大々的に展開している。
人気有名人をイメージキャラクターに登用していたり、女性ならば無料で利用できるサービスが多い。
女性ユーザーの新規獲得に躍起になっている姿が見られる。
女性の場合は「有料」出会い系サイトも「完全無料」の出会い系サイトも同じで、どちらもタダで使える場合が多い。
だから登録基準になるのは、金額面ではなくて、知名度や登録人数の多さだ。
「安心して使えるかどうか」「お洒落なデザインで魅力的なコンテンツがあるかどうか」――こういった安心面とデザイン面に注目してサイト選択をしているという報告がある。
「完全無料」の出会い系サイトと「有料」出会い系サイトの客層を比べると、特に顕著なのは男性登録者の数だ。
男性も女性と同じで出会いにお金をかけたくないだろうから、圧倒的に「完全無料」の出会い系サイトの人数が多い。
その結果、「完全無料」の出会い系サイトの競争率は激しくなり出会いが難しくなる。
では「有料」出会い系サイトのほうはどうなのか。。。
男性は利用料を支出してまでも出会いを探したい人や無料サイトでは出会いが実現しなかった人が使っている。
真剣な男性が多いから、必然的に出会いの確率はアップする。
「完全無料」の出会い系サイトの方は、出会いの確率は低いのだろうか?
一概にそれは言えない。
「完全無料」の出会い系サイトの男性たちは損をしないから、出会いには真剣ではないのは否めない。
真面目度という視点では、「有料」出会い系サイトに軍配があがる。
要する真面目に出会い活動をしないから出会いの確率が低くなるのだ。
しっかりと活動をすれば出会いの確率は高くなることもある。

2種類の使い方について

使い方

顧客登録をしなくても良いタイプの出会い系の場合は、プロフィール作成や個人情報の記載が不要になる。
誰もが気軽に思い立ったときに出会い系を利用できるメリットがある。
サイトから情報が漏洩した場合でも個人情報を登録していないから安心出来る面はあるだろう。
コンテンツは、大抵が都道府県別や地域別の掲示板で交際相手を募集するタイプになる。
当然、直接顔あわせをしての出会いを想定しているからご近所での相手を希望することになる。
メル友ならば全国版の掲示板を利用すればOKだ。
利用者の目的にあった出会いを探したい時でも登録をしなくても良いので便利だろう。
実際には2種類の使い方がある。
1つ目は掲示板に投稿してパートナーを募集して女性の返事を待つ方法。
2つ目は掲示板で女性の投稿を探して、それに応募する方法だ。
大原則として女性ユーザーからメールが届くことは少ない。
だから自分自身で小まめに女性にアタックする戦術が出会いに直結すると思う。
多数の書き込みから好みのタイプの女性を探したいならば検索機能をフル活用しよう。
もしも希望するタイプの女性がないならば、目についた興味のある書き込みに返事をすれば良いだろう。
非登録制の場合はプロフィール欄がない。
ファーストメールには自分のプロフィールを記載することを忘れないようにしてほしい。

Copyright(c) 2014 安心して使える無料出会い系サイトはコチラ All Rights Reserved.